『みんな! ニューヨークへ行きたいかーっ!!』カクテル ニューヨーク

ニューヨークに行きたいけど、行けない。

そんなときには、カクテルの『ニューヨーク』を。

「どんなカクテル?」

ウイスキー、ライムジュース、砂糖、グレナデンシロップ(赤色のシロップ)をミックスしたカクテルです。
 

材料と氷をシェイカーに入れ、シャカシャカシャカっとリズムよくシェイク。

キーンと冷えた、カクテルグラスにそそぐ。

そして、グラスの上で、オレンジの皮をキュッとひねると、オレンジの香りがカクテルをまといます。

グラスを口に近づけると、フワッとやさしいオレンジの香りが。

一口飲むと、キュッとした冷たさの後に、ウイスキーの香りとコク、フレッシュなライムとシロップの甘酸っぱい味わい。

カクテルの色は、日が沈む、ニューヨークの夕焼け空の色を表現。
 

ソース画像を表示

どうですか?飲んでみませんか?

カナダにニューヨークはないでしょ?

カクテルのレシピを書いた本によっては、使うウイスキーを「カナダのウイスキーで」と書いたものがあります。

ウイスキーは、やはりアメリカのウイスキーを使いたいですよね。

名前がニューヨークなんだから。

BAR ALBAでは、『セブンクラウン』というウイスキーでつくります。
 

ほのかに香るバニラの香り。

そしてすっきりとした味わいのウイスキー。

知力、体力、時の運

『グレナデンシロップ』って知ってますか?

赤い色した甘酸っぱいシロップ。

本来は、『ザクロ』のシロップでした。

名前のグレナデン(Grenadine)は、フランス語でザクロを意味する「Grenade」に由来しています。

しかし最近は、ザクロではなく、イチゴ、ラズベリーなどをミックスしたフレーバーのものがグレナデンシロップとして売られています。
 

ソース画像を表示

グレナデンシロップ、けっこう香りが強いんですよ。

だから、ニューヨークに使うと、グレナデンシロップの香りに支配されて、ウイスキーの香りがわからない。

それも、おいしいのは、おいしいんですけど。

なんか、ウイスキーの香りも楽しめるニューヨークにしたい。

そして、色合いはきちんとニューヨークの夕焼けを表現したい(別にニューヨークの夕焼けだけ他の地域や国とくらべて色がちがうわけではありませんが)。

で、実験しました。

グレナデンシロップの量を色々変えたり、グレナデンシロップ以外の赤いシロップやお酒を入れてみたり。

トータル20杯ぐらいのニューヨーク-をつくって試飲したでしょうか。

少しづつ飲んだだけでも結構ベロベロ。

で、気に入ったものができあがりました。

グレナデンシロップを『クランベリーのシロップ』に替えると、ウイスキーの香りとクランベリーのほのかな香りがうまくマッチした、ちょうどよい甘酸っぱさのニューヨークができあがりました。

知力、体力を使い完成させたニューヨーク。

ぜひ、お楽しみください。
 

ビニシー巡りから、うってかわって大人のバーへ
このギャップが相手の心をつかむ‼
 

店内

BAR ALBAのブログでは毎週、お酒やカクテルをわかりやすく解説しています。
ご覧ください。

そして、ぜひBAR ALBAへお越しください。

天満とは思えない落ち着いた雰囲気の中で味わうニューヨーク。

まるで、ニューヨークのBARでカクテルをかたむけているような、そんな気分にひたれますよ。

個人的にこのカクテル、ホテルに宿泊し、お風呂上がりにバスローブ姿で部屋の窓から外を眺めながら、大きめのカクテルグラスで楽しみたい。

ニューヨーク(入浴)だけに。
 
◆ニューヨーク
価格 1200(税別)
 

関連記事

arrow_upward