『どうした?ブッカーズ』バーボン ブッカーズ 2021

BOOKER’S
ブッカーズ

どうしたんでしょうか?ブッカーズ?

急に人気になったの?

生産量を減らしたの?

ほしい時に酒屋へ行けば定価、もしくはそれより安く手に入っていたのに。

3・4年くらい前からでしょうか?

急に酒屋で見かけなくなり、手に入れようと思ったら、輸入している(というかオーナー)サントリーから事前に案内をいただき予約しないと手に入らなくなりました。

もしくは、プレミアをうわのせした高い価格で売られているネットで買うか。

ブッカーズって知ってますか?

アメリカのバーボンウイスキーです。

バーボン・ジムビームをつくっている、ジムビーム蒸溜所。
※蒸溜所⇒ウイスキー工場

そのジムビーム蒸溜所でつくられています。

1988年、蒸溜所所長6代目の「ブッカー・ノウ」が、自分の名前をつけて発売しだしたバーボン。
 

ブッカーズの特徴

①6年から8年熟成

ウイスキーを熟成させている倉庫。

その倉庫にあるたくさんの樽の中で、6年から8年くらい熟成された樽から、おいしくなったものだけを選び、ボトルにつめる。

発売されるごとに、熟成させている年数がちがいます。

2021年バージョンは、6年11か月熟成。

②加水しない。

ウイスキーは樽に入れる時の度数は、60度以上。

熟成が終わり、ボトルに入れる前に水を加えて、40度くらいに調整します。

ブッカーズは、水をくわえないので、アルコール度数が樽の中での度数そのまま。

ボトルごとに少し度数がちがいます。

2021年の今回のボトルは、62.65度。

なぜ、ボトルごとに違うかというと、ウイスキーは樽ごとで少し度数が変わるからです。

ふたつ樽があるとします。

その二つの樽は同じ大きさ、同じ木から作られています。

そのふたつに同じウイスキーを同じ量そそぎ、ならべて6年熟成させたとします。

6年たった後、度数がちがうのです。

大きくちがうということはないそうです。

60度と50度になっていた。というような。

不思議ですね。

人間の双子でもだんだんちがってくるのと、同じようなものでしょうか?

③ボトルに詰める前に、冷却ろ過をしない。

冷却ろ過とは、ウイスキーをいったん冷やしてからろ過すること。

なぜそんなことをするかというと、ウイスキーの温度が0度以下になると白濁するものがでてきます。

それを取りのぞくのです。

その白濁するものは飲んでもいいものですが、消費者からしたら見た目で嫌がられるということで、冷却ろ過をして取りのぞきます。

樽に入っているそのままのおいしさを味わってほしい。

なにかを取りのぞいてしまうと、それは樽の中のウイスキーと同じではない。

その白濁する成分も味や香りの一部だ。

ということで、冷却ろ過をしていないのです。

ちなみに、ブッカーズ以外にも冷却ろ過をしていないウイスキーはあります。

英語で冷却ろ過を「チル・フィルター」といい、冷却ろ過をしていないものには、「ノン・チル・フィルーター」と表記されています。
 

味わいは

香り高い。

濃い味わいのバーボンです。

ギュッと凝縮したような。

度数が高いのでビリビリっときますよ。

好きなかたはそのままストレートで楽しんでください。

そうでない方は、ロックで飲むのがおすすめです。

氷をとかしながらブッカーズの味の変化をお楽しみください。

ビニシー巡りから、うってかわって大人のバーへ
このギャップが相手の心をつかむ‼
 

店内

毎週、お酒やカクテルをわかりやすく解説しています。
ぜひ、BAR ALBAのブログをご覧ください。

そして、ぜひBAR ALBAへお越しください。

天満とは思えない落ち着いた雰囲気の中で味わうブッカーズ。

ガツンとパンチのある夜をおすごしください。
 

関連記事

arrow_upward