入れる量は変えなきゃダメよ〜、ダメダメ! カンパリ イタリアン・ハーブリキュール カンパリソーダとカンパリオレンジの話 

CAMPARI
カンパリ

カンパリとは、イタリアのハーブ・リキュールです。

1860年代、ガスパーレ・カンパリがイタリアのミラノに出店した「カフェ・カンパリ」で提供したほのかに甘く、ほろ苦いハーブのリキュールが大評判を呼び、ミラノの人たちから親しみをこめて「ビターカンパリ」と呼ばれました。

その後、息子のダヴィデへ引き継がれ、そのリキュールは家名をとって「カンパリ」と正式に名付けられました。

様々なハーブやフルーツを配合して作られる。

甘みと独特のほろ苦い味わいと鮮やかな赤色が特長。
 

カンパリを使ったカクテルで代表的なもので、カンパリ・ソーダとカンパリ・オレンジがあります。

この2つのカクテルを作る時、カンパリを入れる割合は、それぞれ違います。

なぜか…

カンパリ・ソーダの場合は、カンパリの割合を多く(入れる量を多く)します。

そのほうがカンパリの甘みを楽しめます。

逆に少なくすると、苦味がたってしまうのです。

カンパリ・オレンジの場合は、逆にカンパリの割合を少なく(入れる量を少なく)します。

カンパリを少なくして作った方が甘くて美味しくできあがります。

カンパリを多くして作ると、苦味が強くなるのです。

カンパリの甘味と苦味を生かしたカクテルをお楽しみください。
 

関連記事

arrow_upward