愛した女性は「ヴェスパー リンド」 007ジェームズ・ボンドの創作カクテル ヴェスパー マティーニ

VESPER MARTINI
BAR ALBAのヴェスパー・マティーニ

ゴードン・ジン 45ml
ソビエスキー・ウォッカ 15ml
リレ・ブラン 7.5ml
ボブズ・グレープフルーツ・ビター 5滴

上記をすべてシェークして、カクテルグラスにそそぎ、レモンの皮を絞って香りをつけた後、その皮をグラスに入れる。
 

Bond,James Bond

007のカジノロワイヤルという作品ででてきたカクテル。

名前の「ヴェスパー」は、作品の中ででてきたジェームズ・ボンドが好きになる女性「ヴェスパー リンド」の名前からつけれました。

元のレシピは、作品の中でボンドが「ゴードン・ジン3オンス、ウォッカ1オンス、キナリレ0.5オンスをシェーク。レモンピールを絞って香りをつけた後グラスに入れる。」とオーダーしています。

1オンスは、だいたい30ml。

このカクテル1杯でウイスキーを4杯飲んだのと同じくらいのアルコール摂取量になります。

さすがは、ボンド!
 

作中のレシピで作れないカクテル

BAR ALBAでは、ジンはゴードンジン。
ボンドのオーダー通り。

ウオッカは、ポーランドのソビエスキー・ウオッカ。

小麦が原料のウオッカ。

ボンドが「じゃがいもより穀物からできたウオッカで作った方が美味しい。」と言っています。

キナ・リレは現在販売されていないお酒なので、かわりに同じメーカーのリレ・ブランというお酒を使うBARが多いです。

リレ・ブランは甘みのあるお酒。

で、キナ・リレは飲んだことないですが、おそらく名前についてるキナという苦い味の植物が入っていたと思います。

ですので、元のレシピで作ったカクテルは、少し苦みのあるものだったはずです。

ヴェスパーがジェームズ・ボンドに、マティーニに自分の名前を付けた理由を質問する時「後味が苦いから?」と聞いているとこからも味がわかります。

なので、今のレシピでは、ほんとのベスパ・マティーニにはならないです。

で、BAR ALBAでは、苦いをおぎなうために、ビターズという苦い味のお酒を追加で入れています。

ボンドは『カジノ・ロワイヤル』以外では、いつもシェークして作ったウォッカ・マティーニを飲んでいます。

Vodka martini. Shaken, not stirred.
とオーダーして。
 

関連記事

arrow_upward