ドイツでボエーム アメリカではビーム スモール・バッチ・コレクションという名の四天王の一人 バーボン ベイカーズ

BAKER’S
ベイカーズ

ベイカーズとは、アメリカのジム・ビーム蒸溜所が造るバーボン・ウイスキーです。
※蒸溜所⇒ウイスキー工場

ジム・ビーム蒸溜所ではベイカーズ以外にも、ジム・ビーム、オールド・グランダッド、ブッカーズ、オールド・クロウなどを造っています。

ベイカー・ビームという人物にちなんで名前が付けられました。

7年熟成。

アルコール度数 53.5度!

ベイカーズは、「ウイスキーを熟成させるための倉庫の上段に置いている樽」で「7年超の熟成を経たもの」で「樽香の芳しい、パンチのあるフルボディタイプになったもの」と決まっています。

シングル・バレル・バーボン。

シングル・バレルとは、「他の樽とブレンドせずに1樽分だけを瓶詰した」ということです。
※バレル⇒樽
 

ジム・ビームの創業者は、ドイツからの移民ボエーム。

1795年からウイスキーを造り始めました。

ボエームは自分の名前をアメリカ式の読み方のビームに改めました。

ジム・ビームは、7代にわたり代々ビーム家が経営しています。
 

ベイカーズは、1990年初めに発売開始されたスモール・バッチ・コレクションの内の1本。

バッチ(batch)とは、「一度分」という意味で、ようは少量生産ということです。

ジム・ビームなどのように一度でたくさんの樽をブレンドして瓶詰するのではなく、少ない数の樽をブレンド、もしくはベイカーズのように一樽だけ瓶詰めしたバーボンということです。

一度の仕込みでたくさん作れないバーボン。てこと。

他のスモール・バッチ・コレクションは、ブッカーズ、ベーシル・ヘイデンズ、ノブ・クリーク。

ベイカーズは、アルコール度数が高いのでロックでゆっくり、氷をとかしながら飲むとおいしかったです。
 

関連記事

arrow_upward