ジャック・ダニエルは小学校に行かずウイスキーを造っていました ジャック ダニエル テネシーウイスキー

JACK DANIEL’S OLD NO.7
ジャック ダニエル

ジャック ダニエルとは、テネシーウイスキーです。

アメリカのテネシー州にあるジャック ダニエル蒸溜所で作られているウイスキーです。
※蒸溜所⇒ウイスキー工場

バーボンと呼ばないで

アメリカの「連邦アルコール法」という法律で、バーボンウイスキーの内、以下の二つを満たすと「テネシー ウイスキー」と呼ぶことが許されます。

①テネシー州で造られている。

②「チャコール メローイング」という工程を行っている。

チャコール メローイングとは、以下の工程のことを言います。

まず、サトウカエデの木を燃やし炭にします。

その炭を大きな木桶いっぱいに詰めます。

炭のいっぱい詰まった桶の上から熟成前のウイスキーを一滴、一滴たらしてろ過していきます。

以上がチャコール メローイングの工程です。

チャコール メローイングを行うことでウイスキーがなめらかになり、サトウカエデの木炭から独特の味、香りがつきます。
 

家出がきっかけで

ジャック ダニエルの創業者「ジャスパー ニュートン ダニエル」は、7歳から蒸溜所で働き始め、13歳でその蒸溜所の運営を任されました。

そして、1866年20歳の時に「ジャック ダニエル蒸溜所」と政府に登録しました。

今と照らし合わせると、すごいですね。
小学1年生くらいで働き始め、中学1年くらいには責任者になっているなんて。

カジュアルにジャックコーク

チャコール メローイングによるなめらかさ。

バニラやキャラメルなどの甘い香り。

木の樽のフレーバー。

ストレート、ロック、水割り、ソーダ割り、お好きな飲み方でお楽しみください。

コーラで割ってカジュアルに楽しむのもいいですよ。
 

関連記事

arrow_upward