アメリカへラムを密輸 カーク&スウィーニー 23年 ドミニカン ラム

KIRK AND SWEENEY 23 YEAR DOMINICAN RUM
カーク&スウィーニー 23年 ドミニカンラム

カーク&スウィーニー 23年とは、ドミニカ共和国のラムです。

アメリカンで育った木の樽で23年熟成させたラム。

名前の「カーク&スウィーニー」は、1920年から1933年まで続いたアメリカの禁酒法当時の「ラムの密輸船」に由来。

禁酒法が制定された初期の1924年にニューヨーク沖で大量にラムが押収されたことで知られています。
 

23年におよぶ長い熟成による複雑な香りと味わいが非常に素晴らしい。

お酒は木の樽で熟成中、どんどん蒸発していきます。
涼しい場所で熟成させるウイスキーでも23年間も木の樽に入れておくと、かなりの量が蒸発によって失われます。
ラムの場合、暑い国では熟成中のアルコールの蒸発が激しく23年熟成というとかなりの量が蒸発するので樽に残っているラムは貴重品です。

このラグジュアリーなラムを味わう貴重な体験をぜひ。

お酒の豆知識は最高のおつまみ!
 

関連記事

arrow_upward