ごめんなさい、嘘でした!反省して丸刈り マルガリータ テキーラをベースにしたカクテル

MARGARITA
マルガリータ

テキーラ、ホワイトキュラソー(オレンジの香りの甘いリキュール)、ライムジュースをシェーカーでシェークした後、グラスのふちに塩を付けたカクテルグラスにそそいだカクテル。

BAR ALBAのマルガリータのレシピ
テキーラ カサドレス・ブランコ 35ml
ホワイトキュラソー デカイパー・トリプルセック 15ml
ライムジュース 10ml
 

テキーラには、カサドレス・ブランコ。(カサドレス・ブランコについてはこちら
ほのかな甘味、良いテキーラの香り。
イヤな味がしない、変な苦みなどがないのがお気に入り。

ホワイトキュラソーには、デカイパーのトリプルセック。
デカイパー社のトリプルセックは、他のメーカーのトリプルセック(コアントローなど)より度数が低いので、きつくない飲みやすいマルガリータができます。
また、デカイパーのトリプルセックのオレンジの香りが非常にいい。
カサドレスの香りと相乗効果で香り良いマルガリータに。

キリっと良く冷えたマルガリータを一口飲めば、テキーラの良い香りが広がり、テキーラとホワイトキュラソーのほどよい甘みとライムジュースのすっぱさのバランスの良い味が楽しめます。

このマルガリータを完成させるまでに、なん十杯と作りました。
使うテキーラやホワイトキュラソーを変えてみたり、割合をいろいろ試してみたり、グラスの塩を色々変えてみたり…
そして、やっと納得のいくBAR ALBAのマルガリータができました。
 

このマルガリータを創ったのは「John Durlesser」
恋人の名前は「マルガリータ」
ある日、狩猟に出かけたが流れ弾に当たりマルガリータは死んでしまう。
ジョンはカクテルコンテストに出場。
出品したオリジナルカクテルに亡くなった恋人の名前「マルガリータ」をつけた。

というのがよく聞くエピソード。

しかし、このエピソードは嘘だそうです。

John Durlesserさんは実在しましたが、彼が亡くなる直前に「嘘をつきつづけるのはしんどかった」と言ったそうです。

じゃあ、どうやってできたの?

「デイジー(DAISY)」というカクテルがあります。
なにかお酒(ジンやウイスキーなどなんでも)と
酸味(レモンジュースなどの柑橘系のジュース)と
甘味(シロップやリキュールなど)
を細かく砕いた氷(クラッシュド・アイス)を詰めたグラスにそそぐ。

というカクテルです。

このカクテルがメキシコでは、地酒のテキーラが使われる。

デイジーには植物の「ヒナギク」という意味があります。

メキシコの公用語のスペイン語では、ヒナギクは「マルガリータ」

かも?

この話はこちらのブログを参考にさせていただきました。

私が勝手に尊敬してるバーテンダーさんです。(お会いしたことないし店にもうかがったことないのですが。いつかは行きたい。)

勉強になる記事がたくさんのブログです。欠かさず読んでいます。

亡くなった恋人ストーリー。

よくできててイイですけどね。
 

関連記事

arrow_upward