「シェーク」「ステア」ってわかりますか? カクテル サイドカー

SIDECAR
サイドカー

サイドカーとは、ブランデーをベースにしたカクテルです。

BAR ALBAのレシピ

ジェラス10年 30ml
クルボアジェ・VSOP 10ml
ボルス・ドライオレンジ 20ml
レモンジュース 10ml
 

「シェーク」と「ステア」

通常サイドカーはシェークで作りますが、ブラウン・スピリッツをレモンジュースとシェークするとエグミがでるので、ALBAではステアで作ります。

※シェーク⇒シェーカーと呼ばれるステンレスでできた器具に、お酒など材料と氷を入れて、シャカシャカと振って中身を混ぜてカクテルを作る方法を「シェーク」といいます。
バーテンダーといえば、これ。みたいなやつです。

※ステア⇒ミキシング・グラスと呼ばれる器具(ガラスでできた大きな容器。大きなコップみたいなもの)に、お酒など材料と氷を入れて、バースプーンと呼ばれる柄の長いスプーンで、ぐるぐる中身を回転させてカクテルを作る方法。

※ブラウン・スピリッツ⇒樽で熟成させた茶色でアルコール度数の高いお酒。ウイスキーやブランデーなど。
 

「コニャック」って、よく聞くけど…

ALBAのサイドカーは、飲みごたえのあるものにしたいと思い、ベースのブランデーにアルマニャックのジェラス。

そして、華やかなブランデーの香りがほしいので、コニャックのクルボアジェを少し入れています。

※ブランデー⇒ブドウが原料(他のフルーツの場合もあります。リンゴなど)のアルコール度数の高いお酒。

※コニャック、アルマニャック⇒フランスの決まった地域(コニャック地方、アルマニャック地方)で決まった作り方など決まりを守って作られたブランデーがコニャックやアルマニャックと名乗れる。
作り方の違いから、アルマニャックはコニャックとくらべて全体的に野性的でパンチの強い味わいになる事が特徴的です。

飲んだ瞬間、口の中にブランデーのボリューム感とさわやかなブドウの香りが広がり、オレンジリキュールとレモンのバランスの取れた甘味と酸味が心地よく、喉を通るとき、飲みごたえのある満足感がえられるカクテル。

BAR ALBAでしか味わうことのできない、

唯一のサイドカー
 

関連記事

arrow_upward